16. プッシュクンの表面が摩擦熱で焦げてしまった。
【回答】 配管内が空の状態でプッシュクンを発射させると、プッシュクンは鉄砲の弾のようなスピードを出します。 キャッチャー部分に流量調節バルブの設置を設置し、原料の押し出される速度を調整して下さい。 プッシュクンを押し出すエア圧を下げてもプッシュクンのスピードには影響しません。

ーここをクリックで前のページへ戻りますー